2007年06月23日

ハートを撃ち抜かれました!

ドキューン!

ハートを撃ち抜かれました

お店の棚を整理していた時のことです。

いつも、僕の「絵本の読み聞かせ会」に
お母さんと一緒に来てくれる4歳の女の子に、です。

昨日は、珍しく、お父さんと一緒に
お店に来ていました。

僕を見るなり、
「パパ、あのお兄さん(?)は、私が大好きなお兄さんなんだ!」と
いって僕をお父さんに紹介してくれたのです。

お父さんは、「いつも読み聞かせしてくれている方ですか?」と
いってきたので、ご挨拶させていただきました。

ほんの1分くらいのできごとだったんですけど、
なんだか妙にうれしかったです。

胸がキューンとなりました、久しぶりに

なんでこんなに心を揺さぶられてしまったのかを
自分なりに分析してみると、

1.「大好きな」という形容をされたこと
2.唐突であったこと(サプライズ?)
3.お兄さんと言われたこと(37歳のオヤジなんで単純にうれしい)

「好き」とか「大好き」といわれるのは、
なんだかわからないけれど、何歳になっても、うれしいものですね。

本屋さんで子どもを相手に仕事をしていて
よかったなぁ、と思った瞬間でした。
ラベル:絵本 書店
posted by そうたろう at 18:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 書店員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-02 06:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。