2007年06月17日

人前で緊張しない方法

子どもたちの前で読み聞かせをするときに
緊張してしまうことってありませんか?

僕も、最初の頃はとても緊張していました。

きっと、かっこいいところをみせよう、とか
失敗したらみっともないなぁ、という邪念が
心の中にあったからです。

でも、
これから紹介するおまじないと、
心の持ち方をするようになってからは、
人前で読み聞かせをしたり、話をするのが楽しくなりました。

いつも読み聞かせをやる前に
やっているおまじないとは…

僕の読み聞かせを待っている子どもたちの頭の上に
幸せの粉」を振り掛けるのです。

もちろん、「幸せの粉」なんて
売っていませんから、
イメージです。

幸せの粉」って
僕のイメージの中ではキラキラした粉なんです。
金や銀のラメみたいなイメージです。

これを子どもたちに振りかけてあげるシーンを
思い浮かべるのです。

子どもたちは、幸せの粉を見上げて
ニコニコするのです。
「うわー、幸せの粉だぁ。わーい」とか、いって(ここまでは想像です)。

僕の場合、
とても暖かい心になれて、
緊張がほぐれるのです。

心のもち方は
かっこいいところを見せようとか
恥をかかないように、といった思いは
もってはいけません。

子どもたちを楽しい気分にさせる、

いっしょに楽しんでくれればオッケー。

僕たちは、ドキドキやワクワクを
与えているだけなのです。

そんな気持ちで、お話を始めれば
おそらく緊張しないはず。

子どもたちの幸せを心から
願うのです。

たとえ、読み聞かせしていて
「噛んで」しまっても
頭の中が真っ白になって
沈黙してしまっても、

子どもたちと一緒に楽しい時間を過ごせて、
いい絵本を紹介できれば、大成功と
思ってかまわないのです。

「なんか胡散臭いなー」と
思われていませんか?

実はこの方法、僕のオリジナルではなく、
堀貞一郎さんという東京ディズニーランドを作った方の
やり方を僕流にアレンジしたものなのです。

詳細が知りたい方は。
夢現力』をご覧になってみてください。

僕はこの『夢現力』からヒントをもらったのです。

多くの子どもたちの前で
読み聞かせをするときに
緊張してしまう人の
参考になったら
これ以上うれしいことはありません。
posted by そうたろう at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書店員のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。